君は猫よりも可愛い女神さまのようだ

MENU

猫ちゃんの健康が第一!キャットフードの選び方と与える回数

現在では様々なキャットフードを選ぶことができます。

 

店頭で買うことはもちろん、インターネットを使えば最寄りの店舗では手に入らないキャットフードも簡単に手に入れることができます。

 

選択肢が増え便利な一方、どんなものが良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

また、自分の与え方に自信のない方もいるのではないでしょうか。

 

ここでは以下の2点についてご紹介します。

キャットフードの選び方

初めて猫ちゃんを迎えた方にオススメなのは、その猫ちゃんがそれまで食べていたものをまずは続けてみるというのがおすすめです。

 

ペットショップやブリーダーさんからどのメーカーのどの種類のものを食べているのか確認しましょう。

 

中には「無添加のこだわりのものを食べさせたい」など飼い主さんの希望もあると思いますが、環境が変わるだけで猫ちゃんにはストレスがかかっているはず。

 

今までのキャットフードで影響がないなら、まずは同じものを続けてみて、新しい環境に慣れてからキャットフードを変えてみてはいかかでしょうか?

 

また、今すでに猫ちゃんと生活している方の中にもキャットフードの変更を検討されている方がいらっしゃると思います。

 

「このキャットフードで合ってるのだろうか?」と不安に思ったり、食欲が落ちているからキャットフードを変えてみたいなど理由は様々でしょう。

 

安全でおすすめなのは、かかりつけの獣医さんに相談してみることです。

 

何も異常がなければ急いで変える必要もありませんし、もしかしたら状況をみての獣医さんのオススメがあるかもしれません。

 

中には無理にキャットフードを変えることで体調を崩す猫ちゃんもいますから、変更を検討されている方は予防接種のついでに相談などしてみると良いかもしれません。

キャットフードを1日に与える回数

成猫と生活されている方は1日2回の方が多いかと思います。

 

日中お仕事などで留守にされる方も多いでしょうから、1日2回というのは飼い主側にとっても猫ちゃんにとってもちょうどいい回数なのかもしれません。

 

一方で1日3回が良い、という獣医さんもいらっしゃいます。

 

与える回数を分けるほうが体に負担がかからないという考えのようです。

 

もちろん1日のトータル量は同じです。

 

実際、体調や食欲が思わしくないときに回数を分けることを指示されることがあります。

 

今回は選び方と回数についてお伝えしましたが、どちらにも共通することは「猫ちゃんの健康第一」ということです。

 

言葉で伝えることのできない猫ちゃんたちですから、飼い主である私たちが最良の選択をしていきたいですね。

 

現在では様々な情報があふれ、様々な選択をすることができますがキャットフードも同様です。

 

言葉で伝えることのできない猫ちゃんたちですから、飼い主である私たちがしっかりとした選択をしていきたいものです。

キャットフードを補食としてあげています

私の家ではラガマフィンを飼っていますが、普段の食事にはキャットフードは与えていません。

 

最初に猫を飼い始めたときは、ペットショップから教わった通りにキャットフードだけを普段の食事として与えていました。

 

でも、人間がご飯を食べていると、隣でしっぽを振って食べ物を要求してくるので、ついつい人間が食べている食べ物を与えているうちに乾燥粒タイプのキャットフードはだんだん食べなくなってしまいました。

 

色々なタイプのキャットフードを試してみましたが、食べるのは最初の1回〜2回のみで、すぐに飽きて食べなくなってしまいます。

 

今では鳥のささみを電子レンジでチンして、冷ましたものをほぐして与えています。

 

キャットフードはおやつ感覚で、食事の間食として与えることが殆どです。

 

やっぱり、人様の食べ物があげてはいけませんね。

 

たまに与える分にはそれなりに(仕方なく食べているのかも)食べてくれるので、我が家のキャットフードの与え方は、食事と食事の間食用に用いる程度です。

 

従って、キャットフードはあくまでで補食として与えているので、キャットフードを選ぶ基準はずばり価格になります。

 

価格が安くて種類が違うものを定期的に購入するようにしています。

 

キャットフードに関しては最近では粗悪なものも沢山発売されていて、安全なものを与える為にはしっかりとした知識を身に付けなければなりません。

 

例えばですが、以下のようなサイトを参考に選んだら良いかと思います。

 

安全キャットフードNAVI - 安心して食べさせられる猫の餌の選び方とは?
https://xn--nck1bpe3d4d0iq76w0bta510j.xyz/

純粋なおやつとして与えています

たぶんキャットフードと呼んでも差し支えないと思いますが、粒タイプのキャットフードの他にブタ耳を乾燥させたものや、歯磨き用のガム、ササミを乾燥させたタイプの食べ物をご褒美としておやつで与えています。

 

同じ物を続けて与えると口にくわえて、自分のゲージの中に運ぶだけで食べなくなってしまうので、違う種類の食べ物を適宜与えるようにしています。

 

おやつ類も乾燥物が多いので、特に価格が高いからといって、喜んで食べてくれる訳ではありません。

 

価格が安い品物を少しずつ種類を多くして買うようにしています。

 

猫の舌も肥えるんですよね、本当に困りものです。

 

我が家は猫を甘やかして飼っており、あまり健康面は気にしないで、たとえ寿命が太く短くなったとしても、愛猫が喜んで食べてくれればいいと思っています。

 

そんな訳で、普通の家庭とはキャットフードの与え方が違うと思います。

 

「こんな使い方があるんだ」と思って頂いてもかまいませんので参考になれば幸いです。